WORKSトップへ
教育施設
修徳学園施設整備プロジェクト
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
堀内 信男 計画設計
市崎 智美 計画設計
江野 信吾 計画設計
桑 素彦 構造設計
今泉 祐樹 構造設計
前田 朋宏 構造設計
岡本 隆司 設備設計
永井 裕之 設備設計
西原 征一郎 設備設計
稲泉 瞳子 設備設計
宮本 祐太 設備設計
牧田 翔太 設備設計
文武一体 ―新たな学びのステージ
校舎棟・プログレスセンターの「文」と体育館・グラウンドの「武」を、ペデストリアンデッキを介して「一体」とし、学園の基本方針である「文武一体」をカタチとして実現しました。 校舎は中庭を計画した事で、上下階の繋がりを感じられる明るく活気あふれる空間にした。体育館は開口部を多くとり、自然光と風の流れを感じられるアリーナと柔道場・剣道場で成っている。デッキは、それら2棟とグラウンドを繋ぎ、学園を一つにまとめる役目を担う。2期計画では、隣地にプログレスセンターと名付けられた受験学習専門の校舎も建てられ、3棟で一つの学園となった計画。
OUTLINE概要
所在地
東京都葛飾区
設計・監理
戸田建設株式会社一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社東京支店
構造
校舎 体育館:
鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
プログレスセンター:
鉄筋コンクリート造
規模
校舎:地上5階 
体育館:地上2階 
プログレスセンター:地上3階
延床面積
体育館:11,725.05m² プログレスセンター:1,727.01m²
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる