WORKSトップへ
住宅施設
アーバンライフ神戸三宮ザ・タワー
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
栁沢 宗彦 計画設計
小林 圭介 計画設計
手塚 純一 構造設計
濱田 聡 構造設計
森 武史 構造設計
岡本 隆司 設備設計
Peace of mind おだやかな心・心がなごむ
本計画敷地は、ミノルヤマサキ設計のアメリカ領事館跡地であり、旧居留地に近接する、神戸独特のまちなみが残る歴史的な地区に位置する。また、阪神・淡路大震災の追憶行事ルミナリエや1.17の集いの会場となる東遊園地があり、強い思いが集まる場所である。この様な地域で、まちなみ形成への寄与・地球環境への配慮(CASBEE Aランク取得)はもとより、神戸市の花であるペチュニアの花言葉「ピースオブマインド」をコンセプトに、“安心で心が和む”建物を目指した。 外観は正面性を持たず、存在感を放つ灯りのタワーデザインで加納町のランドマークを形成し、レンガ調タイルの外壁や外構部の間接照明により周辺環境との調和を図る計画としている。
OUTLINE概要
所在地
兵庫県神戸市
設計・監理
戸田建設株式会社一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社大阪支店
構造
鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
規模
地上34階・地下1階・棟屋1階
延床面積
35,630m²
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる