WORKSトップへ
その他
八ヶ岳の教会
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
堀内信男 計画設計
太田隆司 計画設計
岩岸宏次 計画設計
五十嵐祐敬 設備設計
小林秀樹 設備設計
木とガラスがつくり出す光と影の空間
八ケ岳連峰を望む、リゾートホテル内にある結婚式のための教会である。周辺環境との調和と対比をコンセプトに、大自然の中の“晴れ”の舞台を演出すべく木とガラスの構成とした。構造体は上部が内側に傾いた門型の木ルーバーで450mm×105mmの米松集成材により構成され、450mmピッチで反復されている。外皮は幅900mmの上下1枚ガラスをMPG工法で木ルーバーに直接取付けている。太陽の光と緑の環境の中、「ガラスと木」というシンプルでミニマムな素材により空間に神聖な緊張感を与え、連続する木ルーバーは、時の変化による様々な光と影を導き入れ、劇的な空間を演出する。
OUTLINE概要
所在地
山梨県北杜市
設計・監理
戸田建設株式会社一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社東京支店
構造
木造 一部鉄筋コンクリート造
規模
地上1階
延床面積
183m²
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる