WORKSトップへ
教育施設
くらしき作陽大学附属幼稚園
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
阿部 均 計画設計
木野本 圭児 構造設計
地形を生かした幼稚園
豊かな自然を最大限に活かすことをテーマとしました。工夫したのは土手とグラウンドの一体化。園舎の2階とほぼ同じ高さにある土手にブリッジを架け、屋内の保育空間と森を結んだことで、回遊性が生まれました。1階の広い縁側は園庭と緩やかにつながり、暮らしながら自然の気配を感じることが出来ます。日本の伝統的空間構成は、温暖な気候の倉敷と相性がよく、重力換気で建物の隅々にまで自然の風が吹き抜けます。木漏れ日を連想させる照明、木質系材料を豊富に使った内装など快適な空間を目指しました。吉村順三氏設計の大学内に新設された附属幼稚園。キャンパスの雰囲気を大切にしました。
OUTLINE概要
所在地
岡山県倉敷市
設計・監理
戸田建設株式会社広島支店一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社広島支店
構造
鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
規模
地上2階
延床面積
1,599m²
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる