WORKSトップへ
医療施設
埼玉県立がんセンター
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
有賀 雅尚 計画設計
有森 憲治 計画設計
安達 学 計画設計
石山 康彦 計画設計
中原 理揮 構造設計
石坂 隆幸 構造設計
谷地畝 和夫 構造設計
多田 公平 構造設計
高橋 寿 設備設計
高橋 義行 設備設計
小林 秀樹 設備設計
太田 裕司 設備設計
小川 勉 設備設計
森の中にある人にやさしい高度医療機関
埼玉県立がんセンターは、昭和50年の開院以来、埼玉県におけるがん医療の拠点として、がん医療水準の向上に寄与してきた。 当施設は、国内有数の「高度先進がん医療を実践する病院」であると共に、患者・家族の心の在り方に着目し「日本一患者と家族にやさしい病院」を基本コンセプトとしている。また、施工中に東日本大震災を経験したことなどを踏まえて「災害対策及び省エネ対策」の強化を行っている。 当社は、デザインビルド方式と呼ばれる、実施設計・施工一括での発注となった本計画を受注し、設計施工のノウハウを生かして、合理的かつ発注者のニーズに沿った作品にまどめ上げている。
OUTLINE概要
所在地
埼玉県北足立郡
設計・監理
基本設計・監理:
株式会社山下設計 
実施設計:
戸田建設株式会社一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社関東支店
構造
鉄筋コンクリート造(免震構造)
規模
地上11階 地下1階
延床面積
61,938m²
病床数
503床
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる