WORKSトップへ
教育施設
日本文化大學楽工舎
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
野原 洋一 計画設計
宮澤 秀輔 計画設計
桑 素彦 構造設計
本多 仁 構造設計
小川 勉 設備設計
秋山 昌幸 設備設計
稲田 祥之 設備設計
キャンパスライフを楽しくする校舎
教室・研究室に加え、講堂・模擬法廷・茶室といった大学を特徴づける諸室を集積した新校舎である。大学の前身となる「柏樹書院」の一角に設立された「楽工舎」の名を冠し、ガラスとコンクリートによる外観をなまこ壁を連想させるスクリーンで覆い、大学が信条とする和敬の心を表現した。
4階のボリュームを抑え、2・3階はガラス張りの曲面壁とすることにより、圧迫感を軽減し緑豊かな環境との調和を図っている。外周はフラットスラブを細径の鉄骨柱で支持している。
内部は階段により1階から4階までを大きな吹抜でつなぎ、階段を中心に諸室を分散させている。この開放的な空間により建築全体が常に明るい雰囲気となっている。
OUTLINE概要
所在地
東京都八王子市
設計・監理
戸田建設株式会社一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社東京支店
構造
鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
規模
地上4階
延床面積
5,783㎡
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる