WORKSトップへ
その他
木曽駒ゲストハウス
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
竹内 淳二 計画設計
一條 真人 計画設計
千田 啓吾 構造設計
五十嵐 祐敬 設備設計
野沢 勇樹 設備設計
四季折々の豊かな景色を望む迎賓空間
雪残る肌寒さと春の息吹
目に眩しいほどの新緑
紅に色づき、そして真っ白い雪化粧

敷地はそんな四季折々の美しい山々を楽しませてくれる自然豊かな別荘地である。長野県を代表する御嶽山、木曽駒ケ岳を東西に構え、その美しい景色を楽しみながら、最高の週末を過ごして頂く為の、VIP向けの迎賓空間である。
来客者との親交を深めて頂く為の場所として、"集う"空間を中心に、その空間から敷地のポテンシャルを最大限に享受して頂ける空間作りを意識した。
その為に、2階ダイニング空間とラウンジ空間を大きなワンルームとし、地盤面から持ち上げることで、プライベート感を担保した開放的な"集う"空間を構築した。
豊かで雄大な周辺環境を持つ敷地において、最適な建築の立ち姿を模索した物件であったが、1つの解答として示せたのではないかと思う。
長く愛され使われ続けこの地に根付いた建築となる事を期待したい。
OUTLINE概要
所在地
長野県木曽郡
設計・監理
戸田建設株式会社名古屋支店
一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社名古屋支店
構造
鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
規模
地上2階
延床面積
857㎡
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる