WORKSトップへ
医療施設
未来の風せいわ病院
PROJECT MEMBERプロジェクトメンバー
薄倉 修 計画設計
名原 淳 計画設計
中戸川 輝 計画設計
黒木 冨幸 設備設計
福田 秀雄 設備設計
豊泉 孝浩 設備設計
豊かな自然を心の治療のために
計画地は岩手県盛岡市郊外の丘陵にあり、東にリンゴ園、西に北上川と奥羽山脈の連なり、さらに遠くには岩手山を望み、四季の移ろいが感じられ、山の稜線に沈む夕陽が美しい場所です。 外来ゾーンや病棟において、眺望を始め、光や風といった自然を享受できる施設を目指しています。 また地域の精神医療において中心的な役割を担ってきた病院として様々な疾患に対応できるよう、急性期(竣工後、救急病棟に一部改修)・ストレスケア・合併症・認知症等、疾患別の病棟構成と治療段階別のゾーニング(急性期病棟においてはスタッフステーションに直結した観察室、PICU(保護室)、閉鎖ゾーン、開放ゾーン)を行った計画としています。
OUTLINE概要
所在地
岩手県盛岡市
設計・監理
戸田建設株式会社東北支店一級建築士事務所
施工
戸田建設株式会社東北支店
構造
鉄筋コンクリート造
規模
地上6階 塔屋1階 地下1階
延床面積
9,656m² 
病床数
新築228床、既存162床、合計390床
その他の施設のご案内OTHER FACILITIES
WORKSトップへもどる